朝活研修医(総合診療科、小児科)in 温泉県

温泉県で総合診療科・小児科をしながら地域中核病院で勤務する研修医のブログ

アナフィラキシーショックにおけるアドレナリンの作用機序

結論から先にいう

肥満細胞/好塩基球からのメディエーター放出の抑制 が主
 ⇒血管透過性亢進を防ぐ根本的な治療

その他に

 ①血管収縮作用 ⇒血圧↑
 ②強心作用
 ③気管支拡張作用