読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝活研修医(総合診療科、小児科)in 温泉県

温泉県で総合診療科・小児科をしながら地域中核病院で勤務する研修医のブログ

高熱が続くと精子が死ぬのか?

 

 

伝染性単核症の母から『高熱が続くと精子が死ぬとネットに書いてある。』と言われ本当にそうなのかPubmedで検索した。

 

Effect of increased scrotal temperature on sperm production in

normal men 1997 Aug;68(2)

陰嚢温度を上昇させるために、補助具を使用して睾丸を腹部に近づけ、精子産生が減少するかを調べた。デザイン:将来の臨床研究。 21人の健康な男性ボランティアが6週間の装着前期間、52週間の装着期間、正常な精子産生に回復するまでの期間を調べた。(期間中は1日中、補助具を着用する)

結果:

被験者(3グループ:補助具は3種類あり1層・2層・3層構造の補助具を使う)の全てで、補助具を装着している間、陰嚢温度は常に0.8〜1℃上昇したが、平均精子濃度、精子の運動性、形態および生存能力に違いはなかった。 →正常体温から1℃程度の体温上昇であれば、精子形成の著しい抑制または精子機能の変化は引き起こさないと思われる。

 

3グループの陰嚢温度について:装着後0.8~1度程度の体温上昇f:id:drtasu0805:20170406192801p:plain

精液の量(Semen volume)、精子の濃度(Sperm concentration)、精子の運動性(Sperm motility)、精子の形態(Sperm morphology)について:

いづれも装着前後で有意差なしf:id:drtasu0805:20170406192817p:plain

 

 

History of febrile illness and variation in semen quality Human Reproduction

Vol.18, No.10, 2003

2003年に発熱の病歴が精液の質に及ぼす影響を分析。

 

方法:27人の健康な男性(年齢中央値24.4歳)に毎月の精液サンプルと1998年3月から16ヶ月の間に経験した発熱の記録させた。発熱時の精液サンプルを用いて精液量、精子濃度、精子の運動性および形態学的に正常な精子の割合を分析した。

精子の形成時期:精子形成は、分裂増殖期・減数分裂期・精子形成期・精巣上体精子成熟の4段階に分けられる。これらの時期は精子の射精前にそれぞれ約57-80、33-56、9-32、0-8日に発生する。

f:id:drtasu0805:20170406205058p:plain

結果:精子濃度は減数分裂中の発熱で32.6%減少、減数分裂後の精子形成期間中は35.0%減少した。形態学的に正常な精子の割合は7.4%減少した。精子形成中の発熱により不動性の精子の割合は20.4%増加した。発熱した日数は、精液パラメーターに影響を与える。減数分裂および精子形成の間の発熱は、発熱1日あたりそれぞれ7.1%および8.5%の精子濃度を低下させた。精子形成の間、形態学的に正常な精子の割合は、1.6%減少し、不動の精子の割合は1日当たり4.5%は増加した。 発熱期間の中央値は5日(1-11日)だった。

精子の濃度は、熱性エピソードの約56日後に影響を受けた。精子運動性および精子形態は発熱性エピソードの32日後までしか影響を受けなかった。

f:id:drtasu0805:20170406205213p:plain

f:id:drtasu0805:20170406205220p:plain

上記文献からは、

発熱後57-80日の精子濃度、精子の形態・運動性は影響を受けておらず、発熱に伴う精子への影響は一過性と思われ、生涯にわたる影響はない、と考えてよいのではないのではないかと思う。

(伝染性単核症は、まれに精巣炎の報告あり精巣炎が起きれば生涯にわたる影響があると思われるが、高熱により精子が死ぬという記載はなく、『発熱によって一過性に精子濃度や精子の形態・運動性には影響を与える』ことは言える)