朝活研修医(総合診療科、小児科)in 温泉県

温泉県で総合診療科・小児科をしながら地域中核病院で勤務する研修医のブログ

肺高血圧の病態、超音波検査、診断法(+α 新生児遷延性肺高血圧の治療)

肺高血圧症 ・成人での肺動脈圧正常値:一般に『収縮期圧30~15mmHg、拡張期圧8~2mmHg、平均圧18~9mmHg』 ・肺高血圧の定義:安静時右心カテーテル検査で肺動脈圧の平均値が25mmHg以上 ・『収縮期圧で30mmHg以上、平均圧で20mmHg 以上の肺動脈圧』は肺高血…

錯乱型片頭痛(Acute confusional migraine:ACM)

錯乱型片頭痛(Acute confusional migraine:ACM)臨床脳波 48(10), 609-614, 2006-10より ・1970年にGasconらによって最初に報告された。・典型的な前兆、頭痛とともに錯乱、興奮、言語障害、記名力障害(意識障害)などを一過性に示す頭痛である。・1987年…

聴性脳幹反応の見方

概要 ・客観的に聴力を評価する。聴神経系を刺激することで得られる脳幹部での電位を頭皮上より記録したもの ・聴性脳幹反応では、音刺激の後l~2ミリ秒の潜時(latency)を置いて、I波からⅦ波までの7つの波が1ミリ秒ごとに登場する ・I波が鍋牛神経,…

レノグラムについて

水腎症について ・小児の水腎症は、主に閉塞性腎症の代表的な原因疾患 ・胎児の腎盂拡張は全妊娠の0.5~1%で認める。 ・一過性が48%、生理的が15%、病的なものは腎盂尿管移行部の通過障害が最多である。膀胱尿管逆流症が9%、膀胱尿管移行部の通過障害を含む…

カフェオレ斑は、何個まで経過観察してよいか?カフェオレ斑の鑑別診断は?

集団におけるカフェオレ斑の個数 カフェオレ斑は、5歳未満の小児で約99%が2個未満。 Diagnostic Value of the Caf-au-lait Spot 'in Children より Café-au-lait spots in neurofibromatosis type 1 and in healthy control individuals: hyperpigmentation …

眼窩吹き抜け骨折の病態、治療、予後

眼窩吹き抜け骨折の診断,治療および術後管理 病態 眼窩吹き抜け骨折は、眼窩壁の中で一番薄い「紙様板」と呼ばれる篩骨眼窩板が存在する内壁よりも、二番目に薄い下壁の方に好発する。その中で、特に眼窩下溝周辺(特に内側)の発生頻度が高く、症候性のこ…

蘇生後の低酸素性虚血性脳症の管理

『Treatment and prognosis of coma in children』 小児昏睡の治療と予後 last updated: Jan 04, 2018. 昏睡:入眠しているようにみえ覚醒せず、環境に対する認識を示さない 治療: 早期診断目標は脳損傷を軽減すること 気道 ⇒十分な換気の確保、気管挿管 循…

ヒトメタニューモウイルスの臨床症状、検査所見

hMPV(ヒトメタニューモウイルス)について 2001年にRSウイルスと類似した呼吸器症状を引き起こすウイルスとしてオランダ研究グループより発見された。hMPVは培養が難しく、それまで発見されていなかったと推測されている。 エンベロープを有し、パラミクソ…

感染性ぶどう膜炎

ぶどう膜炎のカテゴリーとして感染症・眼病変・全身性免疫性疾患がある。■感染症原因■①細菌性/スピロヘータ 非定型抗酸菌・ブルセラ・猫ひっかき病・レプロシー・レプトスピラ・Lyme病・プロピオンバクテリウム・ロッキー山紅斑熱・梅毒・結核・Whipple病②ウ…

Basedow病で『眼球突出』はなぜ起こるか?

Basedow病で『眼球突出』はなぜ起こるか? 日本内科学会雑誌. 99:755-762. 2010 Basedow病眼症では後眼窩組織におけるTSH受容体の発現が増強していることが報告されている。 Basedow病眼症ではTSH受容体に対する自己免疫機序により後眼窩組織にもリンパ球浸…

日本における溶連菌感染後関節炎とリウマチ熱の特徴の違い

A retrospective study: Acute rheumatic fever and post-streptococcal reactive arthritis in Japan Allergol Int. 2017;66(4):617-620 □PICO P:急性リウマチ熱(ARF)および連鎖球菌反応性関節炎(PSRA)の患者 I:ARF患者44例 C:PRSA患者21例 O:ARFと…

神経学的診断法

<3段階診断法>①解剖学的診断:患者の愁訴および神経学的診察所見から病変部位を決定する。②病因的診断:症状の発症様式から病因を決定する。③臨床診断:病変部位、病因および患者の年齢における疾患頻度などを基にして疾患を決定する。 <病因的診断法>…

心筋梗塞に酸素投与は必要か?

心筋梗塞に酸素投与は必要か? DETO2X-AMI臨床試験. N Engl J Med 2017. Aug 28. 背景:心筋梗塞疑いの患者に対して日常的な酸素投与の臨床効果は現在まで不明確。 酸素投与により虚血心筋に、より多くの酸素供給が可能になることを根拠に行った、酸素投与に…

(小児の)Point of care Ultrasound(特に、気胸の肺エコー)

2017年秋に受講した(特に小児における)Point of care ultra soundの要旨を15分で理解するための復習とまとめ JSPICC 日本小児集中治療研究会が実施するPOCUセミナーは極めて実施臨床に則した有用なセミナーで、大変勉強になった。 PALS 2次評価時に導入す…

多型紅斑(多型滲出性紅斑)の治療

多型紅斑の治療 up to dateより Davidら、last update: Jul 20, 2017. 要約と勧告 ●急性多型紅斑の治療は、重症度および再発の有無で変わる ●多くの症例が単純ヘルペスウイルス(HSV)感染に続発する。HSV誘発多型紅斑は、急性期の経口抗ウイルス薬による治…

多型紅斑/多型滲出性紅斑の病因、鑑別、診断

Erythema Multiforme(多型紅斑) MICHELE Rら. Am Fam Physician 2006;74:1883-8. 概要 多形紅斑は、感染または薬物に対する過敏反応であると考えられる皮膚状態である 遠位優位の左右対称な多型な紅斑、丘疹、特徴的な「標的病変」からなる 軽度例は後遺症…

心不全のβ遮断薬の使い方

循環薬の選び方と使い分けより抜粋 結論から言う まとめると 高血圧心不全はカルベジロール、低血圧性心不全はビソプロロール 喘息や閉塞性動脈硬化症はビソプロロール 肝障害はビソプロロール、腎障害はカルベジロール これらの縛りがなければ④による不整脈…

伝染性膿痂疹(疫学、原因、診断、治療)小児から高齢者まで

Impetigo Up to dateより抜粋、last updated:Sep11, 2016. <膿痂疹(Impetigo)の一般事項> ・膿痂疹は、小児で最もCommonな表在性細菌感染症、全年齢でおこる ・感染は暖かい、湿った状態で起こりやすく、密接な接触で広がる ・危険因子に、貧困、不衛生…

小児における尿路感染症(Urinary Tract Infection:UTI)の基本

小児内科49:536-541,2017より 【尿路感染症の疫学】 定義:通常無菌である尿路から有意な細菌がされること 膀胱尿管逆流症(Vesicourethral Reflux:VUR)や先天性腎尿路異常(Congenital anomalies of the kidney and urinary tract:CAKUT, 低形成異形性腎…

鉄欠乏性貧血:軽症でも(どのくらいで)鉄を補充すべきか?

日本には鉄欠乏性貧血の乳児におけるガイドラインはない. 【臨床症状・検査所見】 症状:軽度~中等度貧血までは無症状が多い、細胞分裂が早い皮膚・粘膜症状が多い 心臓肥大、Restless leg症候群、舌乳頭萎縮、舌・口角炎、青色強膜、匙状爪、Pica、Pagopha…

銅欠乏症、好中球減少

銅欠乏症による血球減少 2017年6月1日血液内科勉強会 A3用紙1枚で簡潔にまとめ 参考文献:Up to date 2017時点、血液内科第72巻第6号 820-824 Causes of neutropenia(Blood 2014;124:1251) 銅欠乏症は、二次性好中球減少症の原因である 【体内の銅代謝】 …

アナフィラキシーショックにおけるアドレナリンの作用機序

結論から先にいう 肥満細胞/好塩基球からのメディエーター放出の抑制 が主 ⇒血管透過性亢進を防ぐ根本的な治療 その他に ①血管収縮作用 ⇒血圧↑ ②強心作用 ③気管支拡張作用

急性細気管支炎での吸入は生理食塩水と高調性食塩水どちらが有益か?

Effect of Nebulized Hypertonic Saline Treatment in Emergency Departments on the Hospitalization Rate for Acute Bronchiolitis: A Randomized Clinical Trial JAMA Pediatrics 2017June 5 【背景】 急性細気管支炎における高張食塩水吸入の有効性につ…

百日咳の診断と治療、免疫グロブリン製剤

『Up to date, 乳幼児の百日咳の治療と予防』 ・幼児は、重症合併症(無呼吸、肺炎、呼吸不全、痙攣、脳症)を発症し得る。 ・咳発作のトリガー(運動、寒冷温、鼻汁や喀痰の吸入)は避ける。 ・系統的レビューで、気管支拡張薬、コルチコステロイド、抗ヒス…

出血性膀胱炎(定義、原因、症状、治療、予後)

小児科診療 2000年 第63巻 4号 570-574より大部分抜粋 【概念、病因】 肉眼的血尿と膀胱刺激症状を主徴とする膀胱炎を出血性膀胱炎と称し、時に発熱を伴う。 毒素、薬物、放射線、ウイルス/細菌による膀胱移行上皮および血管への損傷が出血性膀胱炎につなが…

IgA血管炎の小児と成人の違い

IgA血管炎は、IgAを含む免疫複合体の沈着を伴う全身性の小血管炎で、血小板減少および血液凝固異常を伴わない紫斑性皮疹が出現する。IgAにはIgA1とIgA2の2つあり、その内IgA1のみが関与する。 皮膚症状はPalpable purpura、丘疹、紅斑、膨疹、血管浮腫であり…

IgA血管炎の診断にIgA組織沈着を証明する必要があるか?

日本皮膚科学会雑誌:127(3)。299-415.2017より IgA血管炎は、IgA抗体が関与する小型血管炎である。 血小板減少および血液凝固異常を伴わない紫斑性皮疹(100%)が出現する。 皮膚症状は下肢を中心に出現するが、時に体幹や上肢にも出現する。 Palpable pur…

小児における市中C. difficile感染症

Risk Factors for Community-Associated Clostridium difficile Infection in Children J Pediatr 2017;186:105-9 小児入院患者でCDIは増加し、死亡率の増加や入院期間の延長・入院費用の増加を招いている。近年では成人および小児において市中感染が増加し…

抗不整脈の使い方(Ⅰ群薬の入門)

抗不整脈薬 誰も教えてくれなかった 循環器薬の選び方と使い分け(2017/3/30発行)より Sicilian Gambit分類とVaughan Williams分類の両方を考えると理解しづらいため、まとめ。単純なVaughan Williams分類でまずは理解をすすめる。 Ⅰ群薬 使い分けのポイン…